赤ちゃんをアレルギーから守るための掃除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の日本では、年々アレルギー症状を訴える人が増加しています。大人でもアレルギーの症状に悩まされている人は多く、花粉の時期になるとマスクをしてアレルギー対策をする方々の姿も目立ちます。

生まれつきアレルギーを持っていることもありますが、ある日突然アレルギーになったり、逆にアレルギーの症状が治まったりすることもありますから、誰でもアレルギーになる可能性があると言えるでしょう。

体も発達し、体力も免疫力もある大人でさえ、苦しまなければいけないアレルギーですから、体力も免疫力も弱い赤ちゃんは、大人以上に苦しいのです。お子さんがいらっしゃる方ならば、誰もが子どもの健康を願います。

今回は、子どもをアレルギーにしないため、そしてアレルギーの子どもを守るための掃除について特集していきたいと思います!

アレルギーって、どんなもの?

テレビやインターネットでも"アレルギー"という単語を耳にしたり目にしたりすることも多く、馴染みのある言葉ではありますが、そもそも、アレルギーとはどういったものなのでしょうか?

アレルギーは、過敏症とも言われています。これは、特定の物質に対する体の過敏反応によって、発疹やくしゃみ、鼻水などの諸症状が引き起こされるためです。アレルギーの症状は、特定の物質が体内に入ると体内の免疫システムが異物と判断し、それに対して通常よりも過敏に反応することで起こります。

アレルギーは、特定の物質を異物と判断すると、繰り返し過敏反応を起こします。アレルギーの原因となる抗原はアレルゲンと呼ばれ、アレルゲンには、卵、牛乳、乳製品、大豆、小麦粉、そばなどの食品、花粉、ダニ、ペットの毛、カビ、ホルムアルデヒドなどが挙げられます。

こうしたアレルゲンは、全ての人にアレルギー反応を引き起こすわけではなく、ある日突然、特定の物質にアレルギー反応が起こるようになったり、同じ人が連鎖的にいくつもの物質に対して発症したりすることがあります。

世代別にアレルギーを発症された人を見ると、どの世代でもアレルギーの発症率は低くはありません。世代別ならば、特に小学生以下の子どもの世代はアレルギー発症率が高いです。

食品のアレルギーならば目に見えますから、その食品を避けることで症状を抑えることができます。しかし、アレルギーの原因である花粉やダニはとても小さく、目には見えないものです。そのため、症状が出ていても、なかなか何のアレルギーなのかわからなかったりすることもあります。ですから、「これは、アレルギー?」と思うような症状があるのならば、医療機関へ相談してみましょう。

アレルギーから赤ちゃんを守るための掃除

先程も少し述べたように、小学生以下の子どもはアレルギー発症率が高いです。もちろん、その中には赤ちゃんも含まれます。大人でもアレルギー症状で悩まされることは多いですが、免疫力が弱くてデリケートな赤ちゃんはアレルギーになると体力を消耗し、苦しくなります。

動物の毛でアレルギーを起こすのならば、原因となる動物を家の中で飼わないようにしたり、動物に赤ちゃんを近付けないようにして避けることができます。食べ物のアレルギーならば、その食材を使わないようにすることで、症状を抑えられます。

しかし、アレルギーの原因となるダニや花粉は小さくて目に見えません。ですから、ハウスダストなどのアレルギーを持つ赤ちゃんは、家の中にいても、いつでも危険にさらされていることになります。

また、アレルギーではないにしても、赤ちゃんにとってホコリやダニはよくありません。赤ちゃんを守るためには、ホコリやダニが出来るだけ少ない部屋にする必要があります。部屋に必要なもの、必要でないものを注意して仕分けたりすることも有効です。

床は掃除がしやすいのでフローリングがオススメです。カーペットやラグをインテリアとして置きたいと思われる方もいらっしゃると思いますが、カーペットやラグにはホコリが溜まりやすく、ダニも発生しやすいので、極力置かないようにしましょう。

また、赤ちゃんや小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、子どもが喜ぶようにいくつもぬいぐるみがディスプレイされている光景を見かけることが多いですが、ぬいぐるみは可愛らしいアイテムであっても、その中にダニが発生することもありますので、ぬいぐるみも置かないようにしましょう。クッションなどにも同様のことが言えます。

そして、クッションカバーやソファーのカバーなどは洗える素材のものを選ぶようにして、こまめに洗濯をするようにしましょう。最近では、アレルギー対応素材のクッションやアレルギーの赤ちゃん向けのぬいぐるみもありますので、そういったものを活用するのもいいでしょう。

見落としがちなのが、おもちゃや絵本です。赤ちゃんは、おもちゃや絵本をなめたりかじったりすることもありますから、消毒のために拭いている方はいらっしゃるでしょう。しかし、絵本やおもちゃを綺麗にするには、もう一つ目的があります。それは、アレルゲンの除去のためです。

特に古い絵本はダニが発生することがありますので、拭いて清潔にしましょう。おもちゃもホコリが溜まりやすいので、拭き掃除をするようにしましょう。

アレルギーを防ぐためには、こまめなお掃除が大切なのです。そして、日々の生活の中で赤ちゃんの使うもの、触れるものについて、大人の目線だけで考えるのではなく、赤ちゃんの目線でもよくチェックするようにしましょう。
 

赤ちゃんに優しいナチュラルクリーニングとスチームモップ

赤ちゃんを守るためには、こまめな掃除が大切です。しかし、「赤ちゃんを守るために、徹底的に清潔にしなきゃ!」と思っても、強力な洗剤を使えば、それさえも赤ちゃんに影響がありそうです。

家の中を綺麗にするにも、赤ちゃんに優しい掃除にするために洗剤を使わずに掃除をするとなると、しっかり除菌できて綺麗になっているのかどうか不安ですよね。そんな時には、ナチュラルクリーニングやスチームモップをおすすめします。

ここでは、赤ちゃんに優しいナチュラルクリーニングとスチームモップについて見ていきましょう。

ナチュラルクリーニング

ナチュラルクリーニングでは、合成洗剤は使わず、万が一赤ちゃんが口に入れてしまっても安全なお酢と重曹を使って掃除をします。重曹とお酢は、お掃除、洗濯、スキンケアなど幅広く使えるのです。

カーペットの掃除をする時には、重曹をカーペットに振りかけて30分から1時間ほど待ってから掃除機をかけると綺麗になります。また、カーペットに付いたひどい汚れは、重曹を水で練ったペーストを汚れの部分につけてブラッシングして、仕上げに濡れ雑巾で拭きとれば汚れを落とせます。

木製やプラスチック製のおもちゃを拭く時には、酢水をスプレーしてから布巾で拭きとり、布製のおもちゃには重曹を直接ふりかけて掃除機で吸えば綺麗になります。

フローリングは、赤ちゃんがよだれを垂らしたり、食べこぼしをしたりして汚れることが多い場所です。その上を赤ちゃんはハイハイで移動しますから、綺麗に保ちたいですよね。フローリングの掃除をする時にはクエン酸を溶かした水を汚れた個所にスプレーして乾いた雑巾で乾拭きすれば綺麗になります。クエン酸には、殺菌、消臭作用がありますので、フローリングの掃除に向いているのです。

スチームモップ

スチームモップは、床掃除に使う道具です。汚れが溜まりやすい床を清潔に保ちたくても、毎日屈んで雑巾がけをするのは大変なことです。しかし、雑巾がけが大変だからといって、掃除機だけでは心もとありません。

そんな時に便利なのが、スチームモップです。スチームモップで床掃除をする時には洗剤も化学薬品も必要なく、水だけで掃除をしますので、赤ちゃんにも安心です。また、雑巾がけの用に屈まなくても、立ったままで掃除が出来るので手軽に床掃除が出来ます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります

合わせて読みたい

ハウスダストの症状と対策法
赤ちゃんのアレルギーを少しでも軽減するために、どのような対処方があるのか解説しています。
ハウスダストがいることで、体におよぼす症状や影響、そしてそれを対策する方法も知っておきましょう。