窓掃除に使えるおすすめグッズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除をしなければ汚れは溜まり、汚れてすぐならば簡単に落とすことが出来る汚れでも、時間の経過と共にどんどん頑固な汚れに変わっていきます。大掃除の時に大変な思いをしないようにするためには、日々のお掃除が大切なのです。

しかし、普段、時間がない中で掃除をすると、どうしても掃除が行き届かない場所が生まれてしまいます。床などは目にすることも多い場所なので、ちょっとした汚れにも早めに気付いて、すぐに掃除することが出来ますが、意外に忘れがちになってしまうのが窓です。

窓には、開閉時などに付いた手垢などが汚れとして溜まり、気付いた時には透明だったはずの窓に手形だらけ......なんてことにもなることもあります。窓は透明ですから、汚れも目立ちやすいのです。

窓の掃除も普段からこまめに行うようにしていれば、落とすのが大変な頑固な汚れは付かなくなります。毎日雑巾を絞って窓拭きをするのは大変かもしれませんが、窓掃除に便利なグッズを使うようにすれば簡単に、こまめに掃除が出来ます。今回は、窓の掃除に便利な掃除グッズを特集していきたいと思います!

窓ガラス両面クリーナー

アドフィールドから発売されている"窓ガラス両面クリーナー"は、内側と外側を同時に拭くことが出来る便利な掃除グッズです。本体には強力なマグネットが使用されており、マグネットで窓ガラスを挟んで拭くので、1回拭くだけで両面拭けて、掃除にかかる時間も短くなります。

また、本体には落下防止のための紐も付いていますので、2階以上の高いところにある窓を拭く時も安心です。窓の内側は結露などによる水垢、手垢で外側よりも汚れているイメージがありますが、外側もホコリや砂で意外に汚れています。

このクリーナーを使って簡単に両側を拭けば、外側の汚れも落とせるのですっきりとした綺麗な状態になります。また、この商品は人気テレビ番組でも紹介され、人気の高い商品です。

ガラスすっきりクリーナー

アイメディア株式会社から発売されている"ガラスすっきりクリーナー"は、マイクロファイバーで編まれたクロスが付いていますので、洗剤を使わなくても窓拭きが出来る掃除グッズです。洗剤を使っていなくても、マイクロファイバーが汚れを絡め取るので、手垢や油汚れも綺麗に残り、繊維のくずも残りません。

クロスは吸水性も高い素材で出来ていますので、窓に水滴が付いていてもさっと拭くだけで綺麗になります。ハンドル部分は伸縮自在ですので、低い場所を拭く時も楽ですし、高い場所を拭く時にも拭き残すことなく掃除が出来ます。また、天窓を拭く時にも便利です。

使って汚れたクロスは水洗いをして乾燥させれば、繰り返し使えます。

アミ戸の激落ちくんⅡ

レックから発売されている"アミ戸の激落ちくん"は洗剤を使わずに、水だけで窓の汚れを落とせる網戸用のクリーナーです。網戸だけでなく、窓枠の汚れを落とすのにも最適です。

ヘッド部分は折りたたみが出来ますので、水ですすいだクリーナーを簡単に絞れますし、角度も変えられますので楽な姿勢で掃除が出来ます。ヘッドは180度可動しますので、クリーナーが片減りすることなく、隅々までしっかり使えます。

この商品の使い方は、まずクリーナー全体を水で濡らして、水が滴り落ちない程度に絞ります。そして、汚れているところを軽くこすれば汚れを浮き上がらせます。この時、窓にある網目に沿ってこすると効果的に汚れを落とせます。また、クリーナーは強くこすると裂けやすい素材ですので、軽くこするようにしてください。

窓を拭いて出た汚れやクリーナーのカスは、布などで拭きとるか、水でよく洗い流しましょう。特に、窓のサンや床に落ちた水滴は乾いた布で拭きとってください。掃除をし終わって汚れたクリーナーは、水ですすいだり、軽く押し洗いをすれば汚れを落とせます。

ヘッド部分の左右をたたみこめばクリーナーをつけたまま水を絞れますので、片付ける時にはよく水を切ってから収納するようにしてください。

この商品は、消しゴムで文字を消すようにして汚れを落とす性質の商品ですので、掃除に使えば摩耗してカスが出ることもあります。使っているうちに、白いクリーナー部分がすり減ってなくなってしまった時には、クリーナーを柄から外して別売りのスペアを付けてご使用ください。

ミスタークリーン スパークル&スクイージー

ハンディ・クラウンから発売されている"ミスタークリーン スパークル&スクイージー"は、汚れも、掃除した後の水分も簡単に取り除けます。マイクロファイバースポンジ面では、洗剤を使わずに水やぬるま湯だけで汚れを落とせます。使用する時には、乾いた状態で使用するとガラスを傷つける恐れがありますので、必ずぬるま湯か水で濡らしてから使うようにしてください。

そして、ゴム製のワイパー部分では、掃除をした後の水分を簡単に取り除くことが出来ます。水分を切るのにも役立つワイパーも付いていることで、よりスピーディーにガラス拭きが出来ます。しかし、ゴム面が劣化した状態で使うとガラスを傷つける恐れがありますので、ゴム面が劣化したら新しい製品にお取り換えください。

ハンドルは、回転ロックシステムになっていますので使いやすく、簡単に折りたためるので収納にも便利です。折りたたむ時には、指を挟まないように注意しながら行ってください。

窓・網戸きれいワイパー ロング

ニトムズから発売されている"窓・網戸きれいワイパー ロング"は、ひと拭きで簡単に綺麗にできる、窓にも網戸にも使える便利な掃除グッズです。ワイパーのヘッドは回転可能で、ヘッドボタンを押しながらヘッドを回転させて、角度を変えたいところでボタンを離せば簡単に回転できます。ヘッドは、左右どちらにも回転可能で、角度は45度ずつ変えられます。この回転機能により、足元も楽に掃除することが出来ます。

窓を掃除する時には窓用のシート、網戸を掃除する時には網戸用のシートを本体に取り付けて使用します。窓シートには、防汚コーティング洗浄液も含まれていますので、掃除をして綺麗にするのと同時に撥水効果も発揮して雨粒をはじきます。

網戸シートは、洗浄液がたっぷりと含まれていますので、網戸の内側を拭けば外側の汚れまで包み込んで落とします。ですから、掃除をした後に2度拭きや水で洗い流す手間もなく、簡単に掃除が出来ます。

シートの取り付け方法は、まずシートを広げて置き、その中央にヘッドを置きます。そして、ヘッドを包み込むようにシートを折り返して、4か所ある差し込み口にしっかりと押し込むだけです。

この商品を使った掃除方法は、窓あるいは網戸にシートを密着させ、均一に力がかかるようにワイパーを動かして汚れを拭き取ります。網戸を掃除する時には、1か所を2~3往復させるようにして掃除をしてください。また、掃除をし終わってから網戸に泡がたくさん残ってしまった場合には、軽くなぞるようにワイパーで拭きとってください。

網戸の掃除をする時には、力を入れ過ぎてしまうと網戸がたわんだり、破損してしまうこともありますので注意して行うようにしましょう。そして、破損していたりたるんでしまっている網戸には使用しないでください。

シートは両面を使えますが、1枚で掃除できる範囲の目安は90センチ×180センチ程度の窓や網戸1枚分で、汚れが裏面にまでしみている場合には、汚れを塗り広げることになってしまうので、裏面は使わないようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります

子どもと一緒に学ぶインフルエンザの知識と対策法。
流行の季節になると、インフルエンザかどうかを早期に知る必要があります。症状から判断するのも良いですが、一刻も早く病院に行くことで、安心できます。
http://influenza.anmin7.com/