網戸掃除に使える便利グッズまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

湿度が高くムシムシとする暑い日には、エアコンを使って快適な温度と湿度を保ちたいですが、ずっとエアコンばかり使うわけにもいきません。エアコンをずっと使っていると、体を冷やし過ぎてしまったり、電気代も高くなってしまいます。そんな梅雨から夏にかけての時期には、網戸が大活躍します。

エアコンを使わなくても、網戸にしておくだけで風が通り、涼しく過ごせます。しかし、風が通る時には、風と一緒に汚れも網目を抜けようとしますので、気付けば網戸にひどい汚れが付いているなんてこともあります。

網戸は便利なものですが、網戸掃除は手間がかかるため、敬遠しやすい掃除場所でもあります。掃除をしなければ、それだけ汚れは溜まっていきますが、逆に、こまめに掃除をしていればひどい汚れは溜まらないのです。普段から手軽に網戸掃除が出来れば、大がかりな網戸掃除をしなくてもいいようになるのです。

今回は、網戸掃除を簡単にしてくれる、便利なお掃除グッズを紹介していきたいと思います!

網戸外さず洗える! お掃除ローラー

ハンディ・クラウンから発売されている、"網戸外さず洗える! お掃除ローラー"は、製品名の通りで、網戸を外さなくても簡単に掃除が出来る道具です。網戸を外すとなると面倒に感じますが、外さなくても掃除が出来れば簡単に掃除できますし、こまめに掃除しやすくなります。

ローラーの表面には、長さの違うキラキラとした樹脂製の毛が付いており、この繊維が網戸に絡みついているホコリを網戸の裏側まで回り込んで書き出すように掃除してくれます。ですから、片面から掃除をすれば裏面も綺麗になるのです。一度に両面の掃除が出来ますので、網戸を外すことが難しい集合住宅などには特にオススメです。

このローラーを使って網戸掃除をする時には、まず水に食器用洗剤を数滴入れて洗浄液を作ります。次に、網戸お掃除ローラーに洗浄液を含ませて、水切りスティックで水分量を調節します。そして、ローラー全体をゆっくりと転がし、網戸全体に洗浄液をつけて汚れをかき出します。最後に固く絞った雑巾で、網戸の網部分を押さないように拭けばお掃除終了です。

ローラーは洗って繰り返し使えるので経済的ですし、掃除をする時に力を入れなくても汚れをかき出すので網戸を傷めてしまうこともありません。

あみ戸びっクリーン

株式会社セイエイから発売されているあみ戸びっクリーンは、洗剤不要で、水だけでお掃除が出来るので、肌にも優しく、手間もかからないお掃除グッズです。見た目は、フワフワしている塊のようですが、本体の中央部分には芯が入っていますので、掃除をする時に使いやすいように曲げて使えます。

フワフワとしている無数の柔らかい繊維は、ポリエステルの繊維ですので、サッシの溝など細かい部分も掃除がしやすいです。

エチケットブラシde網戸掃除

エチケットブラシと言えば、衣服などに付いたホコリを取るのに使う道具です。日本シール株式会社から発売されている"エチケットブラシde網戸掃除"は、一般の主婦のアイデアから生まれた商品で、エチケットブラシの特質を網戸掃除に活かしたものです。

この商品は、商品名の通り、エチケットブラシのようになっており、エチケットブラシ特有の倒状ブラシが網戸の目に絡まった小さなホコリまでかき出します。ブラシ面は大きく、生地を巻きこんだ形状なので、隅の汚れまでしっかりと落とせます。

また、ホコリは水に濡れると集まりやすい性質を持っているので、ブラシを濡らして使えばさらに効果的に汚れを取り除けます。ブラシについたホコリも水洗いをすれば簡単に取れますので、何度でも繰り返して使えます。

持ち手も大きめに作られているので握りやすく、接着面も広いので、網戸を外さなくても簡単に網戸掃除ができます。

網戸専用クリーナーブラシ

コジットから発売されている"網戸専用クリーナー"は、網戸掃除だけでなく、窓掃除にも使えます。網戸掃除の時には、網戸を外さなくても起毛のクリーナー面が汚れをすっきりと落とします。ゴミやホコリはグリップ内に落ちる構造になっているので、掃除が終わったら手を汚さずに捨てることが出来ます。

グリップ部分はフレキシブル構造になっていますので、無理な姿勢を取らずに掃除が出来ます。また、掃除をしてクリーナー面などが汚れた時には水洗いで綺麗にできます。

窓・網戸きれいワイパー 網戸シート

ニトムズから発売されている"窓・網戸きれいワイパー"は、使いやすいハンディタイプと高いところも楽々お掃除が出来るロングタイプの2種類があります。ここまでで紹介した商品はどれもグッズ本体にクリーナー面が付いていて、洗って繰り返し使うタイプでしたが、この商品はフローリングワイパーのように取り替えシートをつけるタイプのものです。

ワイパー本体別売りの取り換え用シートは、1パック8枚入りで発売されています。この取り替えシートをワイパー本体に取り付けて、さっと拭けば網戸を簡単に掃除できます。このシートは防汚効果もあり汚れの付着を防ぎますので、1回掃除をすれば綺麗な状態が長持ちします。

シートには洗浄液がたっぷりと含まれており、片側を拭き取れば反対側の汚れまで包み込んで落としますので、二度拭きや水で洗い流す手間が要りません。この商品の使い方は、まず取り替えシートの袋の表面にあるシールを開けて1枚ずつ取り出し、シートを広げて置きます。残った取り替えシートのパックは、乾燥を防ぐためにシールを隙間の内容に貼って保管してください。

そして、シートの中央にワイパーのヘッドを置いて、ヘッドを包み込むようにシートを折り返して、4か所ある差し込み口にしっかりと押しこみます。シートをワイパーにセットしたら、網戸にシートを密着させて均一に力がかかるようにワイパーを動かして汚れを拭き取ります。この時、強い力をかけてしまいますと、網戸がたわんだり、破損したりする原因にもなりますので、力を加減しながら掃除をしましょう。

そして、1か所を2~3往復させながら掃除をします。掃除をした後に網戸に沢山の泡が残ってしまった場合には、軽くなぞるようにしてワイパーで拭い取りましょう。また、破損したりたるんでいる網戸には使用しないでください。

取り替えシート1枚で掃除できる範囲の目安は、90センチ×180センチ程度の網戸1枚分です。シートは両面使えますが、掃除をした後に裏面を確かめて、汚れが裏面まで染み出ている場合は、汚れを塗り広げてしまうことになりますので、使用しないでください。

ふしぎ棒 網戸用

アズマ工業から発売されている"ふしぎ棒 網戸用"は、コシのあるスポンジタイプの網戸用クリーナーです。クリーナー部分のボアの長い毛足が網戸の目にしっかりと入り、汚れをかき出します。また、この商品は、油汚れを落とす力がありますので、ベランダや窓の網戸以外にも、油汚れの気になるキッチンの網戸掃除にもオススメです。

使う時には、水をクリーナー部分に含ませてよく絞り、網戸を優しく撫でるように掃除します。クリーナー部分はスポンジタイプですので、力を入れて絞りやすくなっています。掃除をしてクリーナー部分が汚れたら、水洗いをして吊るして乾燥させるようにしましょう。

また、油汚れやスポンジの奥まで汚れが染み込んでしまった場合には、薄めた中性洗剤ですすいで洗浄してください。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります