悪臭も解決できる、排水口の掃除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、お掃除は好きですか?一生懸命、お掃除をして部屋がピカピカになるのを見ると気持ちがよく、掃除が好きな方もいらっしゃると思います。しかし、それが排水口の掃除ならば、どうでしょうか?

排水口は汚れが溜まりやすく、掃除をしようとするとヌルヌルとした汚れが付着していたり、悪臭が漂ったりすることもある場所です。そのため、掃除は好きでも排水口の掃除は苦手......なんて方も多いのです。

ヌルヌルとした排水口を触って掃除するのに抵抗があっても、汚れを放置すれば更にひどい汚れになりますし、詰まってしまうこともあります。コツを知って、こまめにお掃除するようにしていれば、そこまでひどい汚れになることもないのですから、嫌がらずに排水口を掃除しませんか?

今回は、排水溝のお掃除について特集していきたいと思います!

なぜ排水口は汚れやすくて臭いやすいの?

排水口を掃除せずに放置していると、ドロドロとした汚れが付着したり、きついニオイが漂うようになってしまいますよね。そのような状態になってしまった排水口では、細菌が繁殖し、とても不衛生になっています。

排水口とトイレだと、排泄をする場所であるトイレの方が汚く、細菌が多いイメージがありますが、実は、汚れきった排水口はトイレの細菌の数をはるかに上回っているのです。汚れやニオイも気になりますが、汚れを放置していれば排水口が詰まってしまいます。

では、何故、ぬめりが発生したり、悪臭が漂ったり、詰まってしまったりするのでしょうか?

排水口は、水が流れる場所です。排水口は、キッチン、浴室、洗面所などにあります。ニオイや汚れとなる原因は場所によって違い、キッチンの排水口ならば食べ物が詰まってぬめりやニオイが発生し、浴室や洗面台ならば髪の毛や石鹸カスが溜まって水アカが出来ることがあります。

このように、キッチン、浴室、洗面台のどの排水口もカビが繁殖しやすい場所なのです。風水でも、水が流れる場所を汚くしていると気の流れが悪くなると言われています。気の流れを良くするためにも、清潔で快適な生活を送るためにも、排水口の掃除は大切なのです。

排水口が汚れる原因を知れば、予防にも繋がります。お風呂の排水口なら市販のお掃除グッズを使って排水口に髪の毛が流れないように工夫したり、台所の排水口には油を流さないようにしたりと、普段からちょっとした工夫をするだけでも効果は大きいのです。

排水口掃除に便利な道具

では、排水口の掃除をする時には、どのような道具を使うといいのでしょうか?ここでは、排水口の掃除に便利な道具をいくつかご紹介します。

重曹

重曹は、オールラウンダーな掃除グッズです。研磨剤としての効果がありますので、シンクを磨いたりして曇り止めに使うこともできます。

お酢

お酢も、掃除に便利な道具の代表格です。お酢は、酸性の性質を持っていますので、カビや水アカの多い場所に効果があります。

10円玉、アルミホイル

これは、少し意外な道具だと思います。排水口に10円玉やアルミホイルを入れておくと、排水口のぬめりを分解して取ってくれます。使用する時には、使い古したストッキングなどに小さく丸めたアルミホイルや10円玉を入れて排水口にぶら下げます。

排水口のごみを取り除く方法

排水口からは、悪臭が漂うこともあります。そのニオイを何とかしようと対策をとってみても、ニオイが取れないことも......それは、排水口に汚れが残っているからです。招集しても素を絶ち切っていなければ、またすぐに汚れてしまいますので、まずは、排水口のごみを綺麗に取り除きましょう。

ここで、排水口のごみを取り除く方法をご紹介します。この方法は台所の排水口に効果的ですが、浴室の排水口にも有効な方法です。

まずは、道具を準備しましょう。必要なものは、重曹、使い古した歯ブラシ、お酢、熱湯、ゴム手袋です。道具を揃えたら掃除を始めましょう。

最初に、ゴム手袋をして排水口のごみを取り除きます。この時、取りにくければ割り箸を使うといいでしょう。ごみが取れたら、重曹を水に溶かした重曹水をかけて歯ブラシを使って汚れを落とします。

そして、排水口に重曹をたっぷりと入れて、1時間ほど置きます。時間が経ったら、そこに温めたお酢をかけて、その後、熱湯で流せば終わりです。

この方法ならば、洗剤を使用せずに、食品にも使われている重曹とお酢を使いますので安全です。

キッチンの排水口掃除

キッチンは、料理を作る場所です。そこで排水口から悪臭が漂っていたら、そんな場所で作った料理だと思うと食欲もわきません。食べ物を作る場所ですから、清潔に保ちたいですよね。ここでは、キッチンの排水口対策を見ていきましょう。

排水口をひどい状態にしないためには、まずは普段から排水口対策が必要です。キッチンを使った後や、気が付いた時に掃除をしましょう。ささっと行う掃除でも、汚れをある程度取り除けます。普段の排水口周りの掃除では、"1日1回"のようにわかりやすい目安を作って掃除をしたり、汚れを溜めこまないことを習慣にするようにすれば、ひどい状態になることを防げます。ですから、普段から、こまめにゴミを捨てて、台所用中性洗剤をつけたスポンジで三角コーナー、ごみ収納バスケット、排水口を洗い流しましょう。

また、普段よりも少し時間がある時には、いつもより丁寧に掃除をしましょう。この時に、素材や汚れに合わせた道具や洗剤を使えば効果も高まります。菊割れゴムは、排水口から外して、濡らしたスポンジに台所用中性洗剤を含ませて擦り洗いしましょう。

ごみ収納バスケットは、スポンジで洗ってから歯ブラシで擦り洗いをすれば、細かな部分の汚れも落とせます。排水トラップは抜いて、裏側の部分も忘れずに歯ブラシで擦り洗いをしましょう。排水口の内側も、歯ブラシなどでぬめりを擦って落としましょう。最後に、水で洗剤や汚れを洗い流せば終わりです。

浴室の排水口掃除

浴室は密室ですから、排水口から悪臭が漂えば、そのニオイは浴室にこもってしまいます。嫌なにおいがする浴室でお風呂に入ってもリラックス出来ませんよね。では、浴室の排水口の掃除は、どのように行えばよいのでしょうか?ここでは、市販のお掃除グッズを使った掃除方法をご紹介します。

排水口のヌルヌルした汚れの落とし方

排水口には、髪の毛や石鹸カスが溜まりやすく、雑菌の巣窟にもなりやすいですし、黒ずみが目立つこともあります。

このようなヌルヌルした汚れを落とす時には、まず目皿を外して髪の毛などのごみを取り除きます。そして、強力カビハイターを排水口にスプレーします。5分ほど時間を置いたら、シャワーでよく洗い流しましょう。

これだけの作業で、あっという間に排水口がすっきりします。目皿やトラップについた汚れは、素材に合わせて掃除方法を変えます。プラスチック素材のものならば、強力カビハイターをスプレーして、数分置いて洗い流しましょう。金属素材のものならば、バスマジックリン泡立ちスプレーをスプレーして軽くこすりましょう。細かい部分には、使い古した歯ブラシを使うと便利です。

排水パイプのお手入れ

排水口が綺麗になっても、排水パイプが汚ければニオイが発生したり、詰まったりしてしまいます。パイプにも、髪の毛、ごみ、石鹸カスなどの汚れが溜まって詰まりやすくなるのです。ですから、1~2週間に1回程度を目安にパイプも掃除するようにしましょう。

まず、目皿やトラップに溜まったごみなどを取り除きます。そして、パイプハイター後年度ジェルをボトルから直接排水パイプに注ぎます。擦らずに15~30分おいてから、十分に水で流しましょう。この時、長時間放置しないようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります