重曹を使った換気扇掃除の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

清潔な環境で過ごすためには、掃除は欠かせません。普段も掃除をして、年末には大掃除もするご家庭は多いでしょう。大掃除をする時には、普段の掃除ではなかなか手が回らないところまで掃除をしますが、なかなか汚れが落ちなくて掃除をするのにも大変な場所も多いです。

大掃除の時、「掃除をするのが大変!」「ここの掃除は面倒!」と思うのは、どこですか?キッチンの換気扇は、多くの方が掃除をするのは面倒だと感じる場所でしょう。今回は、キッチンの換気扇の掃除について特集していきたいと思います!

キッチンの換気扇は家の中で最も汚れが溜まりやすい

主婦の方だと、キッチンを毎日使いますよね。調理をした後、あるいは洗いものの後などに軽い拭き掃除を行ったり、シンクの掃除を行われる方は多いと思いますが、換気扇はどうでしょうか?キッチンの換気扇の掃除の頻度は、キッチンの壁、ガスレンジ周り、シンクと比べれば低いのではないでしょうか。

換気扇は、汚れが溜まりやすい場所です。空気を逃す時には、空気と一緒に空気中の汚れも通りますので、どんどん汚れが溜まっていきます。また、キッチンでは調理をする際に空気中に油が飛びますので、換気扇に油汚れが付くことも多いです。

どんな汚れもそうなのですが、汚れが付いたばかりならば楽に落とすことが出来ますが、時間が経過すればするほど汚れは頑固なものに変わり、落としにくくなります。キッチンの換気扇は、家の中でも最も汚れが溜まる場所に一つで、油汚れもひどいです。

普段の換気扇掃除では、表面を掃除することはあっても、換気扇の中までは掃除することは少ないと思います。換気扇全体を掃除しようと思っても、まとまった時間がなければ難しいですが、フィルターを外すことを簡単にできるものも多いので、放置してフィルターの目に油汚れが詰まってしまう前に、換気扇フィルターを取り外して掃除をするといいでしょう。

一度に全てを掃除することは難しくても、頻繁に少しずつ換気扇の掃除をするだけでも、大掃除の時に大変な思いをしなくてもよくなります。ここからは、換気扇の掃除について見ていきましょう。

プロペラタイプの換気扇の掃除

まずは、一般的なプロペラタイプの換気扇の掃除方法についてです。

換気扇の掃除は、汚れに合った掃除方法を選択すれば、手間も時間も軽減できます。少しの汚れの場合には、キッチン用の洗剤を含ませたスポンジで軽くこすれば、それだけで綺麗になることも多いです。

キッチンの換気扇の汚れで多いのは、油汚れです。この油汚れは厄介な汚れで、なかなか落とせないこともあります。そんな頑固な油汚れは、最初からゴシゴシと擦って落とそうと頑張らずに、お湯をかけましょう。

油汚れは熱で柔らかくなるので、お湯をかければ汚れが柔らかくなって汚れを落としやすくなります。金属の部分ならば、お湯をかけても問題ありませんので、お湯を使ってから掃除しましょう。しかし、プラスチック製の部分は、熱湯をかけてしまうと変形の原因にもなります。

ですから、プラスチック製の部分を掃除する時には、熱湯ではなく、温水をかけて掃除をしましょう。換気扇全体に油のべたつきが気になる場合は、油汚れ用の洗剤を使って掃除をしましょう。

換気扇全体に油汚れ用の洗剤を吹きかけ、古布などで丁寧に拭き取ります。洗剤を使って掃除をするのは当たり前の方法ですが、意外な方法としては油を使った掃除が挙げられます。頑固な油汚れに油を使ったのなら、汚れが悪化しそうにも思えますが、油を汚れている部分に塗ってしばらく放置すると汚れが浮き上がります。

油を使えば、油と油汚れが馴染んでスムーズに落とせるようになるのです。汚れが浮いたら、古布などで綺麗に拭き取ります。ここまででご紹介した油汚れを落とす方法では、こびりついて固まってしまった油汚れは落とせないこともあります。

こびりついて固まってしまった油汚れは、通常の掃除方法で落とすことは難しいです。そんな汚れには、ラップを使った掃除方法が便利です。まず、汚れの部分に油汚れ用の洗剤を吹きかけて、キッチンタオルを貼り付けます。その上に、油が乾かないようにラップを貼ってフタをしましょう。

そして、しばらく放置すると汚れと洗剤が混じり合いますので、頃合いを見計らってラップとキッチンタオルを剥がし、水拭きをします。この方法を使えば、こびりついて固まってしまった頑固な油汚れも手間をかけなくても綺麗に掃除できます。

どの方法も、簡単に短時間で行えるものばかりなので、大掃除にまとめて行うのではなく、ちょっと時間に余裕がある時など、こまめに行うようにすれば大掃除の時に楽が出来ます。

重曹を使った換気扇フィルターの掃除

次は、換気扇フィルターの汚れ落としについて見ていきましょう。

フィルターは空気を通す時に汚れが詰まります。そんなフィルターを長期間放置すれば、素人ではどうしようもできないくらいの汚れになってしまうこともあります。ですから、こまめにフィルターの掃除も行いましょう。

最近は、人や自然に優しい"ナチュラルクリーニング"という掃除方法が注目されています。この掃除方法では、お酢や重曹など、体にも自然にも害がないものを使って掃除を行います。食品にも混ざっているようなもので、本当に汚れを落とせるのか疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、換気扇のフィルターも重曹で綺麗にできるのです。

換気扇のフィルターに、それほど汚れがこびりついていないようであれば、ホコリなどの汚れを取ってから、重曹を振りかけて使い古した歯ブラシで洗えば綺麗になります。換気扇のフィルターの目の中に油汚れがこびりついてしまっている場合には、この方法では落とすことができません。

そういった汚れには、重曹に水を加えて練った"重曹ペースト"を使って汚れを落とします。必要なものは、重曹ペースト、スポンジ、使い古した歯ブラシ、雑巾です。この掃除方法は、アルカリ性の重曹を使いますので、アルミがむき出しになっているような換気扇フィルターは変色する可能性がありますので避けましょう。

また、換気扇のフィルターの塗装に傷がついたり、塗装がはげることもありますので、掃除をする前に目立たない場所で試すようにしましょう。

重曹ペーストを使った掃除では、最初に換気扇のフィルター全体に重曹ペーストを塗ります。この時、しっかりと汚れを落とすために、換気扇の目にもペーストが行きわたるように塗り込みます。

重曹ペーストを塗り終わったら、しばらく放置します。乾燥してしまうといけないので、たまに水に重曹を溶かした重曹水を吹きかけるといいでしょう。そして、ある程度放置すると、重曹ペーストが油汚れを溶かして全体的に茶色く変色します。ペーストが変色したら、使い古した歯ブラシを使って換気扇のフィルターの目の中まで洗います。洗い終わり、よく乾燥させれば掃除完了です。

重曹を使った換気扇フードの掃除

重曹を使った掃除は、換気扇のフィルターだけでなく、換気扇フードにも応用できます。換気扇フードは、重曹水か重曹ペーストを使って掃除をします。軽い汚れならば重曹水で十分ですが、ひどい汚れには重曹ペーストをつけて、スポンジで擦って洗います。

細かい部分の掃除には、スポンジでは対応できませんので使い古した歯ブラシを使うといいでしょう。洗い終わったら、古布などで油汚れと重曹を拭き取り、その後、雑巾で水拭きをして仕上げをします。

換気扇フードの掃除をする時には、スイッチ部分や電気コードの接続部分などに重曹水や洗剤をかけてしまうと漏電して、掃除中に手に電気が走ったり、ブレーカーが落ちることがありますので注意して行いましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります