電化製品の掃除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除と聞くと、床掃除、キッチンや浴室などの水周りの掃除、網戸の掃除などを思い浮かべる方が多いと思います。実際に、普段の掃除を思い返してみても、床を掃除機で吸ったり、雑巾がけをしたりと、掃除のメインになっている場所は床などが多いですよね。

快適に暮らしていくためには、清潔な環境にしなければいけません。そのために、普段から掃除を頑張ったり、年末に大掃除をしたりします。しかし、部屋は掃除しても意外に忘れがちになるのが電化製品の掃除です。

床掃除をするためにフローリングワイパーを使い、掃除が終わってからワイパーを見るとホコリや髪の毛で汚れています。それと同じで、電化製品だって使えば汚れていくのです。今回は、電化製品のお掃除について特集していきたいと思います!

電子レンジの掃除方法

最近は、電子レンジで簡単に煮物が作れたり、コンロやフライパンで焼くように魚が焼けたりする電子レンジ用の調理グッズが多く発売されています。皆様の中でも、電子レンジ調理を実践されている方もいらっしゃると思います。

電子レンジは、ただ食品を温めるだけではなく、調理もできる便利な道具なのです。毎日使う電子レンジが壊れてしまったら、とても不便になります。実際に、筆者の家で電子レンジが壊れた時は新しい電子レンジがやってくるまでの間、冷凍食品を解凍することもできず、冷めたご飯を温め直すこともできず、大変不便な思いをしました。

それだけ、現代では電子レンジはなくてはならないものなのです。しかし、電子レンジの掃除をこまめにされている方は少ないです。電子レンジはぱっと見ただけでは、あまり汚れはわかりませんが、庫内の天井部分や扉の内側には、跳ね跳んだ油分やソースなどの液体が頑固にこびりついていることもあります。

汚れが付いてすぐだったら簡単に落とせるのですが、時間が経てば経つほど汚れは頑固になり、汚れ落としをするのにも一苦労です。頑固な汚れは布巾でちょっと拭いたくらいでは取れなくなっています。

そんな汚れを放置していると、こびりつきがひどくなり、レンジの調理能力が分散されてしまい、電気代の無駄遣いになったり、レシピ通りに料理を作れなくなってしまいます。電子レンジにもお手入れは大切ですので、普段から掃除をするように心がけましょう。

では、電子レンジを掃除する時には、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?ここでは、電子レンジの掃除方法についてお話します。

まず、最初に道具を用意しましょう。必要なものは、ぬるま湯、耐熱ボウル、拭き掃除に使う濡れた布巾、ゴム手袋、消毒用エタノール、中性洗剤、キッチンペーパー、ラップ、使い古した歯ブラシです。

次に、掃除のやり方です。最初に、耐熱ボウルにぬるま湯を入れて、電子レンジで7~8分加熱をして、湯気を庫内に充満させて汚れを浮かせます。そして、濡れた布巾もレンジに入れて1分ほど加熱します。加熱が終わったら、ゴム手袋をして火傷に注意しながら耐熱ボウルを取り出し、ターンテーブルや回転網、ガラス台など、取り外せるものがある機種ならば、取り出してシンクへ移動させます。

中が空っぽになったら、熱くなった濡れ布巾で庫内の内側を拭き掃除します。この時、上下左右の平面部分や四隅まで綺麗に拭きとり、マイクロ波口部分は念入りに汚れを落とします。

熱くなった布巾だけでは汚れが落ちない時には、割りばしや歯ブラシなどを布巾で巻き、レンジに傷を付けないように注意しながら擦ります。薄めた洗剤で湿らせたキッチンペーパーを汚れの上に貼りつけ、ラップで固定するシップを10分くらい行うのも効果的です。

内側が綺麗になったら、次は外側の掃除をしましょう。外側は、固く絞った濡れ布巾や濡れタオルで拭きましょう。吸排気口のスリット溝は、綿棒に消毒用のエタノールや中性洗剤を染み込ませて拭くといいです。最後に、レンジを少し持ち上げて、本体の下もチェックして、乾いたタオルで仕上げに乾拭きをすれば終わりです。

ここで紹介した方法は、レンジの機種によっては使えないこともありますので、掃除をする前には必ず取扱説明書をチェックしましょう。

普段の掃除では、ここまで手間をかけた掃除をすることは難しいと思います。そんな時には、電子レンジの中を掃除する便利グッズも発売されていますので、そういった物を利用するのもいい方法です。

例えば、小林製薬から発売されている"チン!してふくだけ電子レンジ専用お掃除シート"は、電子レンジでシートを1~2分加熱すると上記が電子レンジの庫内に広がり、汚れを浮き上がらせます。加熱後には、シートを袋から取り出し、庫内をさっと拭けば汚れやニオイが取れます。

冷蔵庫の掃除方法

冷蔵庫は、食べ物や飲み物を保管する場所ですから、綺麗にしていたいですよね。しかし、よく見てみると、冷蔵庫の中には液体がこぼれた跡、野菜の切れ端など、案外汚れが溜まっていることもあります。

冷蔵庫を清潔に保つためには、まず普段から食品の整理も兼ねて、お湯で絞ったタオルで庫内やドアを拭きましょう。そして、半年に一度くらいの頻度で、中身の整理も兼ねた大掃除をするようにしましょう。

冷蔵庫の中を大掃除する時には、どうやって掃除をしたらいいのでしょうか?ここでは、冷蔵庫の中の掃除方法を見ていきましょう。

まず、電源を切って、庫内のものを全て出してしまいましょう。棚やパーツなど、取り外せるものは全て外します。中が空っぽになったら中性洗剤をぬるま湯で薄めて、それで絞った布を使って拭き、その後、水拭きをします。最後には、仕上げとして乾拭きをします。この時、拭き掃除だけでは取れない汚れがあったら、クリームクレンザーとスポンジを使って落としましょう。

汚れが落ちたら、消毒用エタノールや市販のエタノールスプレーを含ませた布で拭きます。これは、除菌や消臭の効果があります。

冷蔵庫の中が綺麗になったら。冷蔵庫の外側の掃除をします。冷蔵庫の上部には、キッチンから漂う油煙とホコリが混じった汚れになり、落としにくい状態になっていることがあります。このような汚れは、家庭用のアルカリ性洗剤を吹き付けてブラシなどで伸ばしてからラップで覆い、10分ほど放置します。

すると、汚れが浮きますので、水やお湯で濡らしたスポンジで擦ればすぐに汚れを落とせます。冷蔵庫の裏にはホコリが溜まっているので、掃除機で吸って掃除しましょう。静電気で壁が黒ずんでいる時は、ぬるま湯を含ませたメラミンスポンジで軽く擦ると落とせます。

洗濯機の掃除方法

冷蔵庫、電子レンジと並んで、日常で欠かせない電化製品と言えば洗濯機です。洗濯槽の内側は直接掃除できないので、汚れも溜まりやすいです。洗濯槽の内側には、水アカ、石鹸カスなどがありますので、カビが繁殖しやすく、気付いた時には洗濯槽がカビだらけになってしまっていることもあります。

カビが繁殖しないためには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?まず、普段気をつけたいことは、洗濯後にはフタを開けて湿気を逃がすようにしたり、洗濯石鹸の使用量を守ったり、リキッドタイプの洗濯石鹸を使うようにすることです。

もしも、カビが発生してしまったら、洗濯槽のカビや汚れを落とすための洗剤が市販されていますので、そういったものを使いましょう。中でも効果があるのは酸素系漂白剤です。酸素系漂白剤以外にも、塩素系、クエン酸系などもありますが、一番扱いが簡単なのは酸素系漂白剤です。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります

はじめての有機野菜・食材宅配では、最近話題のらでぃっしゅぼーやや、大地を守る会など、食材宅配業者についての情報サイトです。
有機野菜のメリットや、無農薬野菜は本当に安全かどうか、検証し、まとめています。
ぜひ一度ご覧ください。
http://i-yasai.com/