簡単に網戸掃除をする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段のお掃除では、床や水回りなど、暮らしていて目に付く場所や気になる場所を中心に掃除します。普段の掃除では時間も限られていますから、細かい場所や目立たない場所は見落としがちになるのです。

窓の汚れが気になる方は多いと思いますが、意外に見落としがちなのが網戸です。網戸は外気にさらされていますから、部屋の床や家具などとは違った汚れも付着します。放っておいたらどんどん汚れて大変なことになるとはわかっていても、網戸掃除と聞くと大変なイメージが湧き、後回しにしてしまうことだってありますよね。

しかし、放置していたら変わらないどころか悪化してしまいます。網戸も綺麗に掃除していきましょう。今回は、網戸の掃除について特集していきたいと思います!

風を通せば通すほど、網戸は汚れる

夏が近づくと暑い日も増えますが、四六時中エアコンを回しておくわけにもいきません。また、エアコンばかり使っていると健康面でも悪影響があります。

これまでにも節約のためにエアコンの使用について考えていた方はいらっしゃると思いますが、2011年に東日本大震災が発生してからは節電が叫ばれ、一般家庭でも節電を意識しなくてはいけません。

そんな暑い日々には、窓に装備されている網戸が大活躍します。網戸は住居への虫の侵入などを阻んでくれますので、窓を開けて網戸にすれば風通しを良くできます。しかし、網戸は、風を通せば通すほどに汚れていきます。

網戸は、蚊などの害虫の侵入防止のためにあるものですから、網戸の枠がゆるんだり穴が開いていては意味がありません。ですから、そんなトラブルがないように日ごろからお掃除やメンテナンスを行うことが大切です。

網戸の内側には、家の中から吹いてきた綿ぼこりや台所から出る油などが含まれた汚れがべったりと溜まりやすく、網戸の外側には水分や土ぼこり、煤煙などの汚れを含む真っ黒い微細な汚れが溜まりやすいです。また、一戸建てやマンションなどの低層階の網戸と、マンションなどの高層階の網戸では汚れ方にも違いがあります。

網戸は、複合的な汚れを溜めこんでいますので、汚れの特徴などを理解して、綺麗にお掃除しましょう!

網戸掃除にはメラミンスポンジが便利

網戸掃除のためのお掃除グッズは、これまでに様々なものが発売されてきました。数あるお掃除グッズの中でも、網戸掃除に非常に便利なのがメラミンスポンジです!このメラミンスポンジを使って網戸掃除をする時に必要なものは、メラミンスポンジと綺麗な水道水とバケツだけです。

最近は、メラミンスポンジの名前を耳にすることも多くなってきましたが、ここではメラミンスポンジとはどのようなものなのか見ていきましょう。

メラミンスポンジは、メラミン樹脂性のスポンジのことです。メラミン樹脂は、メラミンとホルムアルデヒドによる硬質樹脂で、耐水性、耐熱性に優れた素材で、家具や住宅建材、食器などにも使われています。

メラミンスポンジは、ドラッグストアや100円ショップで簡単に入手できます。普通のスポンジとどのように違うかと言いますと、メラミンスポンジは使っているうちに削れてなくなってしまうのです。見た目は白くて、少し硬めです。

メラミンスポンジは、網戸掃除はもちろん、食器磨き、ステンレス磨きなどにも活躍します。

念入りに行う時の掃除方法

メラミンスポンジは便利な掃除道具ですが、「水とスポンジだけじゃ、綺麗になったかどうか不安......」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメなのは雑巾と洗浄スプレーによる方法です。この方法は、掃除も準備もお手軽です。

お風呂場やトイレの窓に取り付けられている網戸のように小さいものや、取り外しができない網戸を掃除する時には、洗浄スプレーを内側から網戸に吹きつけてしばらく放置します。その時に、洗浄液が汚れを含みながら下に垂れてきますので、壁紙に汚れが付いてしまうような構造ならば、洗浄スプレーを吹き付ける前に雑巾や古布を網戸の下部に押し込んでおくといいでしょう。

ベランダへの出入り口や大きめの窓に取り付けられているような網戸ならば、スプレーを吹き付けるのではなく、洗浄液を溶かした液をバケツに用意して、そこに雑巾を浸して絞って網戸を拭きましょう。

汚れがひどいようであれば、雑巾に含ませる液を多めにして、使い古した歯ブラシや小さめのたわしでこすりながら洗うと綺麗に汚れを落とせます。

そして、洗浄液での掃除が一通り終わったら、雑巾をすすいで水拭きをしましょう。この時に、下に新聞紙や古布を敷いておけば、汚れを含んだ水が飛び散ったとしても後片付けが楽になります。

網戸が外せる場合ならば、網戸を外して外に出し、立て懸けるように設置して上からホースで水をかける方法もあります。この方法では、あらかじめ洗浄液を網戸にスプレーして、少し経ったら歯ブラシやたわしでこすり、水ですすぎます。水をかけながら順番にたわしでこすっても洗えますが、洗浄液を使った方が洗浄効果も上がります。

高層階と低層階の網戸掃除

先程、一戸建てやマンションなどの低層階の網戸と、マンションなどの高層階の網戸は汚れ方に違いがあると少し触れましたが、汚れが違うのならば、それぞれ汚れ方にあった掃除方法があります。

ここでは、高層階と低層階に分けて、それぞれの掃除方法について見ていきましょう。

マンションなどの高層階の網戸掃除

マンションの高層階には風通りがよく、エアコンを使わなくても涼しいお宅も多いです。そんな高層階の網戸には、開口部の少ない構造が影響して、綿ほこり、油煙、ヤニ、煤煙を中心とする粘土状の複合汚れが空気洗浄機のフィルターのように風が吹き抜ける際に付着します。

しかし、高層階では構造的に水を使えなかったりと、掃除方法に制約が多いこともあります。高層階での網戸掃除には、メラミンスポンジを使う掃除方法が最も有効で、簡単です。メラミンスポンジは100円ショップでも販売されているので、お金もかからない掃除方法です。

まず、屋外側の掃除です。屋外側の掃除では、水で濡らした大きめのメラミンスポンジをよく絞って、上から下、右から左など、窓の形状に応じた順番で規則的に軽く拭き下ろしましょう。この時、絶対に力は入れないようにしてください。

スポンジが汚れたら適宜水で洗って、綺麗な状態で掃除しましょう。スポンジ本体が削れて出たゴミ、綿ぼこりなどは、網戸に掃除機を当てて吸い取ったり、ティッシュなどでつまんで取り除きましょう。

屋内側には、調理時の油が混じった汚れが付着しやすいので、重曹やセスキ炭酸ソーダをバケツの水に溶かしたものを使用します。分量は、水1リットルに対し小さじ1を目安にしてください。重曹やセスキ炭酸ソーダは、100円ショップやドラッグストアで購入できます。これらは、油汚れなどの酸性の汚れの分解に適しており、泡立たないので便利です。

屋内側は、メラミンスポンジを重曹やセスキ炭酸ソーダを溶かした液に浸して絞り、屋外側と同様に拭きましょう。この時、屋内側の窓際に新聞紙などを敷いておけば床を汚す心配もありません。拭き終わったら、掃除の際に出たごみを始末すれば終わりです。

一戸建てを含む低層階の網戸掃除

一戸建ての住宅や、低層階のマンションの網戸は、主に屋外からの微細な泥や砂によって汚れていることが多いです。泥砂由来の汚れは水溶性ですので、洗剤を使わなくても掃除することができます。

掃除方法は、高層階の網戸の屋外側を掃除する時の方法が適しています。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります

引越しや転勤前にはきっちりとお部屋の掃除をしておきましょう。また、転勤前後の挨拶も大切なマナーです。
転勤ガイドブック

難しいように思えても、少しずつ理解をすすめることで簡単にわかる、生命保険の選び方について書いたサイトです。保険のことがよくわからない方はぜひ一度ご覧ください。
生命保険 選び方