カーテンや窓ガラスなど、窓辺掃除の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除をするとなると、床や家具の上に溜まったホコリを取り除くことをイメージしますよね。しかし、普段の掃除では忘れがちな場所にも汚れは溜まっています。天気のいい日に窓を開けて過ごそうとすると、網戸が汚れ放題だった......なんてこともあります。

窓やカーテンにも汚れは溜まるのです。今回は、窓辺の掃除について特集していきたいと思います!

軽い汚れの窓を掃除する方法

ふと窓ガラスを見てみると、ざらついた汚れが付いていることがあります。窓に付いた汚れのほとんどはホコリ汚れだと言われていますので、軽い汚れならば濡れ雑巾で窓を拭けば取り除くことができます。

そして、濡れ雑巾で拭き掃除をした後に丸めた新聞紙で拭くと、新聞紙が雑巾の繊維を落とし、インクの油分で窓を綺麗にしてくれます。軽い汚れの場合には、新聞紙1面をくしゃくしゃにして丁度手に入るくらいの大きさに丸めたものをいくつか用意します。

その丸めた新聞紙の半分くらいに湿らせる程度の水を付けて、ガラス面を拭きましょう。拭き終わったら、ガラス面が乾かないうちに丸めた新聞紙の乾いたもので拭くようにすればピカピカになります。この時、素手で新聞紙を使った掃除をすると手が黒くなってしまいますので、ゴム手袋などを着用して掃除をしましょう。

また、雑巾でガラス拭きをする時には、洗濯機で水洗いをした後に脱水機で絞った程度の湿り具合の雑巾がいいでしょう。

洗剤を使って窓を掃除する方法

窓ガラスの汚れのほとんどはホコリ汚れと言いながらも、排気ガス、タバコのヤニが付着している場合もあります。このような場合には先程の掃除方法でも綺麗に出来ないことがありますので、窓用洗剤を使って掃除しましょう。

ガラス用のスクイージーを使って掃除をすれば、効率よく汚れを落とすことができるのでオススメです。そして、窓用洗剤を使うガラス拭きのコツは、洗剤を多くつけすぎないことです。洗剤を多く使えばそれだけ汚れを綺麗に取れるように思えますが、洗剤をつけすぎると洗剤を拭きとるのに時間がかかってしまいます。

窓用洗剤を使う時には、ガラスの大きさや汚れの具合にもよりますが、ガラス前面に斜めに1本スプレーするか、バツ印にスプレーするくらいの分量が丁度いいです。窓用洗剤をガラス面にスプレーしたら、周囲を1周させるように洗剤を伸ばしながら拭きとりましょう。

隅は掃除がしづらいので、割りばしなどを使うと、きっちりと綺麗にできます。そして、最後にタオルで乾拭きをします。この時、ケバが気になるようであれば、古い綿のTシャツなどを使うと良いでしょう。

すりガラスの掃除方法

平らな窓ガラスの掃除は、上記の方法でお掃除ができますが、表面に凹凸のあるすりガラスは、どのように掃除をすればいいのでしょうか?平面のガラスと同じようにすりガラスを掃除したら、拭いたにもかかわらず、白くなって何度拭いても取れない......なんてこともあるかと思います。

すりガラスは、片面はツルツルとしているのですが、もう片面はザラザラしています。ツルツルしている面は、雑巾で拭いて掃除をしても問題ありません。しかし、ザラザラしている面には凹凸があり、凹んでいる部分には汚れが残りやすく、その部分だけ水分が残って白っぽくなってしまうのです。

ですから、すりガラスを雑巾での拭き掃除だけで綺麗に仕上げることは難しいのです。すりガラスの凹凸がある面を掃除する時には、まず、普通のガラスを拭く時と同じように洗剤をまんべんなく伸ばしましょう。そして、ブラシを使って円を描くように擦ります。

擦り終わったら、固く絞った雑巾で洗剤を拭き取り、最後にブラシに乾いたタオルを被せて円を描くように拭き取れば綺麗になります。また、雑巾だけではどうしても取りづらい汚れは、柔らかい歯ブラシを使って、ゆっくり擦るのも効果があります。

ガラス枠のゴム部分の掃除

窓の面積の大半はガラスが占めています。そのため、ガラスを拭き終わると窓を掃除し終わったような気分になりやすいのですが、ガラス枠のゴムの部分にも汚れが溜まりやすいです。

ガラス枠のゴム部分は、カビが発生しやすく、放置していると黒くなって落ちにくくなってしまいます。ですから、こまめに掃除をする必要があります。ゴム部分の掃除は、歯ブラシに掃除用洗剤やクリームクレンザーをつけて擦りましょう。

こまめに掃除をしていてもカビが発生してしまった場合には、それ以上ひどくならないうちにジェル状の塩素系カビ取り剤を使いましょう。カビが軽い場合ならば取れますし、ひどい場合でもカビの色素は薄くなります。カビ取り剤を使った後には、必ず水洗いか水拭きをするようにしましょう。

カーテンも綺麗にしよう

窓の掃除が終わったら、カーテンも綺麗にしましょう。カーテンは部屋の中でも広い面を覆っています。そのため、布であるカーテンには知らず知らずのうちに、舞いあがったホコリやタバコの煙、調理中の油煙、臭気が吸着されていきます。

また、冬場や梅雨の時期には結露が窓に発生し、その結露が付着してカビが生えてしまうこともあります。家の中に悪臭が漂い、その原因を調べてみるとカーテンが原因だったということも多く、カーテンに鼻を近付けてにおいを嗅いだ時にホコリにむせてしまうような状態ならば要注意です。

日常的にカーテンの掃除を行うことは大変ですから、大掃除の時など、年に2回くらいはお手入れをするようにしましょう。汚いままのカーテンを付けていれば、部屋に悪臭が漂ったり、部屋の印象に悪影響を及ぼしますので、カーテンの掃除も大切なのです。

カーテンの洗濯で注意しなければならないこと

では、カーテンの掃除の一環として、カーテンを洗濯する時には、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

まずは、縮みについてです。カーテンに付いているタグに洗濯OKとあっても、カーテンは縮みやすいものですので、基本的には乾燥器の使用は避けた方が無難でしょう。特に綿素材のカーテンは縮みやすいので要注意です。ドライマークのついたカーテンならば、無理に自分で洗わず、プロにお願いしましょう。

次に、破れについてです。カーテンは、紫外線の影響などで生地が弱っていることもあり、見た目は破れていなくても、洗濯をするとボロボロになってしまうこともあります。ですから、カーテンを洗濯する時には、カーテンを手で少し引っ張って強度を確認するようにしましょう。この時に、強く引っ張ってしまうと大きく避ける可能性がありますので注意しましょう。

もしも、少しの力で避けたり破れたりするようならば、洗濯をしたらボロボロになってしまう可能性がありますので、そういった場合には、出来るだけカーテンの生地に負担をかけないように手洗いをしましょう。

最後に素材についてです。カーテンの素材によっては洗濯できないものもあります。ですから、洗濯を始める前にチェックをするようにしましょう。

カーテンを自宅で洗濯する時には、貼れている日を選びましょう。カーテンを洗う時に大切なことは、汚れ具合や生地の強度によって洗い方を変えることです。こまめにカーテンを選択されているのならばカーテンはあまり汚れていませんので、洗濯ネットに入れて洗濯機のドライコースで洗ったり、手洗いをするだけでも十分です。

何年も洗濯していないカーテンならば、粉末酸素系漂白剤を使って何回も洗う必要があります。また、カーテンの生地が弱っているのならば、アルカリの漂白剤を使用すると傷んでしまう可能性があります。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります