フリーマーケットで出品する処分品の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

大掃除をする時には、普段なかなか出来ない場所まで掃除をしたり、普段掃除をする場所であっても丁寧に掃除をしたりと、"掃除をする"ことに重点が置かれます。しかし、掃除と同時に行った方がいいことがあります。

それは、"物の整理"です!お年寄りには、「自分が逝った後に残された家族が大変になるといけないから。」と元気なうちからこまめに物の整理をして必要なものだけを残すように心がけている方もいらっしゃいます。

お年寄りでなくても、必要なものだけを残すように整理をするのは、とても大切なことです。物が多ければそれだけ収納するスペースも必要になりますし、物が多すぎて床などにも散乱していれば掃除の妨げにもなります。

ですから、大掃除の時には、家中の物の整理も行いましょう。そして、いらない物は処分してしまいましょう。いらない物を処分するのに、あまりお金をかけたくありませんよね。処分をするのにも、いくつか方法がありますが、中でもフリーマーケットは、いらない物を処分できて、更にお金までもらえるのでオススメの処分方法です。

今回は、いらない物を処分するためのフリーマーケットについて特集します!今回は、第一弾として、フリーマーケットに出せる物・出せない物や出品するための仕分けなどの準備作業について見ていきます。

家中の不用品を集めると見えてくるものがある

時間に追われる日常の中で、ゆっくりと吟味しながら家中の不用品を集めるのは大変なことです。ですから、大掃除の時に、まとめて物の整理をすることをおすすめします。サイズや趣味が合わなくなった服、お歳暮にもらっても開封せずに使っていない洗剤、記念品に配られたタオル、古い電化製品など、探せば様々なものがあると思います。

物を処分するとなると、どうしても「勿体ない!」と感じてしまい、「いつか使うから......」などと言い訳をしたくなります。しかし、何年も着ていない服は今後もきる可能性は低いですし、古い電化製品を取っていても、それを使うことなく新しい別のものを購入することだって考えられます。

ですから、"使えるかどうか"ではなく"使うかどうか"を基準に不要品選別をしましょう。物の整理を始めると、意外なほどに不要品が多いことに驚くでしょう。選別を行って集めた不用品の全てがフリーマーケットで売ることが出来れば一番いいのですが、壊れていて使えない物などは物としての価値がありませんので、フリーマーケットでも売れません。

不用品を集めたら、最初に、壊れていて使えない物、二個セットで使うものなのに片方欠けている物など、誰にとっても商品としての価値がないものを除けましょう。除けたものは、地域の分別にしたがって、ゴミに出しましょう。

いらない物を集める作業をすれば、家の中が綺麗になると同時に学べることもあります。それは、自分や家族の買い物の傾向です。改めて、家の中のものを見てみると、買ってから一度も着ていない服が大量にあったり、買ったのに読まずに放置している本が多かったりと、どんなものを多く購入しているかが見えてきます。

物は使ってこそ価値があります。ですから、「この服、可愛い!」と買ったとしても着ないのであれば、気に入った服を買えたという満足感はあっても、その服は物としての働きを果たしていないのです。不用品を処分するのを勿体ないと感じるかもしれませんが、買った服を着ないで放置しているのも十分に"勿体ない"のです。

せっかくお金を払うのならば、お金は限りあるものですから、有効に使いたいものです。ですから、家の中のものを改めて見て、何に多くお金を使っているか、何に無駄遣いが多いのかを知れば、これからの生活に活かして、節約に繋げることが出来るのです。

フリーマーケットは循環の場

物を処分するのに、勿体ないと感じて躊躇してしまう方も多いでしょう。しかし、使わないようなものをそのままタンスの肥やしにしていることも勿体ない事なのですから、潔く処分してしまいましょう。

ゴミとして処分するのならば、物の命はそこで終わってしまいます。しかし、フリーマーケットに出品して、誰かが購入してくれたのなら、物は次の人のところで働けるのです。買って何年も新品のままで放置しているうちに、趣味が合わなくなってしまった服でも、欲しい人はいるかもしれません。

フリーマーケットの面白いところは、自分にとってはいらない物でも、それを欲しいと思う人がいることです。ですから、先程例として挙げたような服でも、フリーマーケットに出せば売れる可能性だって十分にあるのです。

自分や家族にとってはいらない物でも、欲しい人がいれば物は循環し、自然にも優しいです。愛着のあるものを処分する時には決心が必要でしょう。捨てようとしても、なかなか出来ないと思います。

しかし、フリーマーケットならば、自分が以前に物に対して「欲しい」と感じたように、同じように「欲しい」と感じてくれる人が現れるでしょう。そういった方にならば、気持ちよく譲れます。

フリーマーケットで売れる物を選別しよう

不用品を集めて、壊れている物など明らかに売れない物を除けたら、今度は、残ったものの中から売れそうなものを選別しましょう。リサイクルショップや質屋ではブランド品しか買い取ってくれないこともありますが、フリーマーケットでは、ノーブランドの服、バッグ、アクセサリーなども売れます。

雑貨、本、電化製品も売れます。子どものおもちゃなどは、人気が高いようです。意外なのは、使いかけの文房具も売れることです。子どもは飽きやすく、お絵描きノートを買い与えても使いきる前に新しいものを欲しがり、また使いきる前に新しいものを欲しがり......を繰り返して、使いかけのお絵描きノートが家に何冊もある方もいらっしゃると思います。

常識的に考えれば、文房具店で売られているお絵描きノートは当然新品で、使いかけのものなど販売されていません。しかし、お絵描きノートなど子どもが使うものは消耗品なので、フリーマーケットでは意外に売れるのです。一本だけ使ってしまった箱入りのエンピツなども、いいでしょう。使いかけでも、十分使えるものならば出品できるのです。注意点としては、こういったものを出品する時には、必ず使いかけである旨をお客さんに伝えるようにしましょう。

お父さんや男の子など男性は、プラモデルを好んで購入することがありますよね。しかし、購入しても組み立てずに箱に入ったまま放置するなんてこともあります。プラモデルの箱は意外に場所を取りますので、新品のプラモデルなどもフリーマーケットに出すといいでしょう。

フリーマーケットでは、マニアの方も結構いらっしゃいますので、自分達には価値がなくても意外に売れることもあります。「マニア受けしそうかな?」と思うものがあれば、インターネットオークションなどで同じものが売れているかチェックしてみるといいです。

いらない本や雑誌を古本屋へ持って行ったり、廃品回収に出すことは多いですが、本や雑誌もフリーマーケットに出品できます。完全に破れてしまっているページがあるものは出品できませんが、小さなキズくらいならば、問題ありません。

もしも、未練がある場合

フリーマーケットに出品するものを選別し終わると、更にすっきりとします。しかし、選別をしているうちに、売ることに対して抵抗を感じたり、未練が湧いたりすることもあります。フリーマーケットで売るということは、お客さんからお金をもらい、代わりに商品をお客さんに提供するのですから、売った物は戻ってきません。

物に対して、「まだ使いたい」と感じる未練なのであれば、本当にそれを使うのかどうか、よく考えましょう。本当に必要なのであれば売らずに手元に残していいでしょう。しかし、「勿体ない」という理由なのであれば、手元に残しても使わずに元の状態に戻るだけの可能性だって高いです。そういった理由ならば、売ってしまった方がいいでしょう。

ブランド物や苦労して手に入れたものなど、物の価値に対して未練を感じるのであれば、フリーマーケットでは格安にしなければ売れませんので、インターネットオークションやリサイクルショップなどでの相場を調べて、そちらの方で納得がいくようであればフリーマーケットではなく、インターネットオークション等で売るようにしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります