ゴミに出すのはちょっと待った!不用品の有効活用法

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末に大掃除をされる方は多いでしょう。そして、そんな大掃除の作業のメインになるのは、当然、掃除です。普段では手が回らないようなところまで掃除をしたり、普段以上に丁寧に掃除をしたりしまう。

しかし、大掃除の時には掃除だけでなく、物の整理も行いましょう。「勿体ない!」「まだ使えるから......」と普段は、色々な物を取っておくことが多いと思います。取って置くものが増えれば、家の中にもどんどん物が増えていってしまいます。

物が多くなれば、床などにも物が多ければ掃除をする時には物を片付けてからしか取り組めませんし、押し入れやクローゼットにぎゅうぎゅうに物を片付けていれば通気が悪くなり、カビが発生しやすくなります。

また、物が多ければ、何かを探す時になかなか見つからずに時間がかかったりもします。ですから、大掃除をチャンスだと思って、家中の物の整理をした方がいいのです。家中の物を整理すると、意外なほどにいらない物、使っていない物などが出てくるでしょう。

いらない物は取っておいても仕方がないので処分した方がいいのですが、処分するにしても全てゴミとして処分するのは勿体ないです。今回は、いらない物の再利用する方法について特集していきたいと思います!

捨てるのは、勿体ない

普段、お菓子をもらって、その箱が綺麗な物だったりすると「何かに使えるかもしれない!」と取っておくことがあると思います。お菓子の箱に限らず、すぐに使うものではなくても、"いつか何かに使えるかもしれない"と思ってしまうことは多いです。

物を大切にする精神は、とても素晴らしいと思います。しかし、取っておくだけで使わなかったらどうでしょうか?物は、使ってこそ価値が生まれます。確かに、「使うことはないかも......」と感じるような粗品のタオルをもらってすぐに捨てるのは勿体ないです。

ですが、勿体ないからと言って、その粗品のタオルを物置きに片付けるのは、その物を使ったことにはならないのです。大掃除の時に物の整理をすれば、沢山の物が出てくると思います。その中には、これまでに「何かに使えるかもしれない。」と取っておいた物も含まれるかもしれません。

一度は「使えるかもしれないから取っておこう!」と思った物なのですから、いらない物は処分と判断し、ゴミとして処分してしまうのも勿体ないですよね。壊れてしまって直しようもない電化製品や、二つで対になっているのに片方しかない物など、どう考えても使えない物やゴミにしかならないような物は、ゴミとして処分していいと思いますが、使える物は再利用しましょう!

ここからは、どんなものが再利用できるか、またどのように再利用できるかについて見ていきましょう。

使い古した歯ブラシ

歯ブラシは使っていると、毛先が広がり、隅々まで磨けなくなります。歯ブラシの交換は、1ヵ月に1回程度行うといいとも言われていますが、毎月のように歯ブラシを交換していれば使い古した歯ブラシも多く出ますよね。

これは、ゴミにしかならないようにも思えますが、再利用できます。使い古した歯ブラシは、掃除用にするといいのです。歯ブラシは元々、歯の汚れを落とす時に使うものですから、掃除で汚れを落とす時にも重宝するのです。

例えば、排水口を掃除するとしましょう。掃除をする時にはスポンジを使う方が多いと思います。ある程度の部分は、スポンジでも洗えますが、細かい部分はスポンジでは洗えません。そんなスポンジでは洗えない細かな部分を歯ブラシで擦れば綺麗に掃除できるのです。

ですから、使い古した歯ブラシは、掃除道具にしてしまいましょう。

タオル

新聞屋さんなどの粗品やお祝い返しやお歳暮などでタオルをもらうことは多いですよね。お歳暮やお祝い返しに贈られるタオルは、しっかりとしていて拭き心地も良さそうな物が多いですが、粗品のタオルは、あまり拭き心地がよくないと感じる方も多いでしょう。

また、会社名などが大きく入っている粗品のタオルを使うことを恥ずかしいと感じる方もいらっしゃると思います。しかし、タオルには変わりないため、何となく勿体ないと感じて取っておくことも多いものです。

他にも、使い古して拭き心地が悪くなってしまったタオルなども、いらない物として整理されたかもしれません。そんなタオルは、雑巾として使うようにしましょう。

雑巾の作り方は、直線縫いばかりで簡単ですので、小学校で家庭科を習い始めたばかりのお子さんでも作れると思います。ミシンならば早く作れますが、手縫いでも十分簡単に作れます。

粗品のタオルや使い古したタオルならば、雑巾にしてしまっても勿体ないとは思いません。しかし、贈答品として貰ったタオルなどは、雑巾にしてしまうのは勿体ないと思ってしまいますよね。

サイズや色・柄が気に入らなくて使っていなかったりする贈答品のタオルは、バスタオルならばハンドタオルに加工してみてはいかがでしょうか。洗面グッズのコーナーに売ってあるような、ワンピース型のハンドタオルに加工して、お手洗い用のタオルにするのもいい方法です。

器用な方は、デザインの細部にまでこだわって作ると楽しめるかもしれません。しかし、そうでない方ならば、バスタオルを普通のハンドタオルに加工してみてはいかがでしょうか。使いやすい大きさにカットし、端がほつれないようにバイヤステープなどで処理すれば簡単にハンドタオルを作れます。

他にも、バスマット、マフラータオル、枕カバーなどにリメイクするのもいいと思います。

新聞紙

新聞をとっていると、気付くと溜まってしまいますよね。溜まった新聞紙を全てまとめて、紐で縛って廃品回収に出すのは一般的な処分方法です。そうやって新聞紙を処分してもいいのですが、新聞紙は掃除の時に役立つ物でもありますので、掃除用として使うこともオススメします。

例えば、エアコンのフィルターや網戸を掃除する時に、新聞紙を裏側に貼りつけてから掃除機でほこりを吸い込むと綺麗にホコリが取れます。他にも、冷蔵庫の上や食器棚など、なかなか掃除しない場所に新聞紙を敷いておけば、掃除をするとなってもこの新聞を交換するだけで簡単に掃除が出来ます。

新聞紙を使った掃除と聞くと、真っ先に連想されるのは、窓の掃除でしょう。新聞紙のインクの油は汚れを落としてツヤ出しもしてくれるので、窓を濡らした新聞紙で拭くと綺麗になります。そして、仕上げに乾いた新聞紙で乾拭きをするとピカピカになります。

また、新聞紙は掃除をする時の道具だけでなく、除湿をしてくれるので湿気取りとしても使えます。例えば、布団などを押し入れに片付ける時に布団と布団の間に新聞紙を挟んだり、押し入れの中の空いているスペースに筒状に丸めた新聞紙を置いておけば、押し入れの除湿になります。

下駄箱も湿気が溜まりやすいので、下駄箱の中に入っている靴の中に丸めた新聞紙を入れるようにすれば、湿気やニオイを新聞紙が取ってくれるので、下駄箱も清潔に保てます。

亡くなったおばあちゃんの和服、買ったけど一度も着ていない服、穴が開いてしまった服など、様々ないらない服があるでしょう。いらない服は、途上国への寄付に回したりすることもできますが、穴が開いたりして傷んでいる服は出せません。

そこで、いらない服はリメイクして使いましょう。ジーンズだったら、バッグ、帽子、スカート、ショートパンツに加工できます。帽子を作る時には接着芯を使うのですが、ジーンズは厚手の生地なので、接着芯がなくても作れます。

お父さんのワイシャツならば、子ども服、子どもが粘土遊びやお絵描きをする時に着るスモック、アームカバーなどにリメイク出来ます。また、ジーンズからスカートに作り替えるような大掛かりなリメイクが難しい時には、部分的に手を加えるリメイクもオススメです。

例えば、デザインに飽きてしまったAラインスカートに少し手を加え、バルーンスカートにすればデザインが変わるので、また着られます。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります