パソコンの処分方法と注意点まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、年末の大掃除で普段はなかなか掃除が出来ない場所を掃除したり、いつも以上に丁寧に掃除をします。使わない物、壊れた物などは保管していても場所を取るだけですので、大掃除の時にはそういったいらない物の処分を行うことも多いでしょう。

普段、「捨てるなんて勿体ない」「きっといつか使える」と心の中で言い訳をして、様々なものを取っておくことがある方も多くいらっしゃいます。しかし、取っておいたものを本当に使ったのでしょうか?綺麗なお菓子の空き箱やラッピング用品ならば、手作りのお菓子をおすそ分けしたりする時に使えますが、そうやって使うことがないものをいつまでも取っていても意味がありません。

物が多ければ多いほど掃除をしづらくなりますし、押し入れやクローゼットにぎゅうぎゅうに物が押し込まれていると通気が悪くなってカビの発生の原因にもなります。ですから、いらない物は、さっさと処分してしまうに限ります。

しかし、何でもゴミとして出せばいいわけではありません。物によって処分の仕方も異なるのです。今回は、パソコンの処分について特集していきたいと思います!

いらない物を保管していても意味がない

大掃除の時に、家中のいらない物を探し集めて処分される方は多いと思います。普段は、気が付かなくても、改めて家の中を見てみると、使わない物・いらない物はあちらこちらで眠っているのです。

使わない物・いらない物を「いつか使う」と言い訳をしながら保管し続ければ、家にはどんどんいらない物が溜まっていきます。そうすると、家には限られたスペースしかありませんから、本当に必要なものを収納しようとしてもスペースの確保が難しくなります。

また、物が多ければ、何かを探す時にも一苦労です。掃除にも、物を探すのにも、時間や手間はあまりかけたくありませんよね。ですから、普段から本当に必要なものかどうか、使うかどうかをよく検討してから保管するようにしましょう。

そして、普段いらない物を取っておかないように心がけていても溜まることもありますし、時間を置いてから改めて考えるといらないと感じる物だってありますから、年末などの大掃除の時には、家中のいらない物を一掃しましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

街で配られているティッシュ、期限が切れたクーポン、お菓子などが包まれていた包装紙などを"いらない物"と判断して捨てることは簡単なことだと思います。しかし、家具や電化製品などを捨てる時には大きな決断が必要な方もいらっしゃると思います。

家具や電化製品は、購入する時に高額なお金を支払っていることも多く、お金をかけた物を捨てる時には、どうしても「勿体ない」と感じてしまうのです。これは、ブランド物にも言えることです。

また、愛着のあるものを捨てることも難しいでしょう。大切にしていた物には、思い出が詰まっているでしょうから、簡単に捨てられないと思います。しかし、壊れていたり、使わないのであれば、街で配られているティッシュなどと同じように処分しましょう。

ただ、ゴミとして捨てるのに抵抗があるものは、知人や友人に譲るのも手段です。リサイクルショップに買い取ってもらうのもいい方法です。そうすれば、ゴミとして捨てられれば物の命は終わってしまいますが、新たな使い手の元へ譲り渡せば物はまだまだ働けるのです。

物によって処分方法が違う

知人・友人に譲ったり、リサイクルショップに買い取りをしてもらえるものは、そのように処分すればいいのですが、貰い手が見つからず、買い取ってもらうこともできない物はゴミとして出すしかありません。

しかし、ゴミとして出すにも、物によって処分方法が違いますので注意が必要です。例えば、家具やリサイクルの必要がない電化製品は、粗大ゴミとして処分します。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンはは、リサイクル法に基づき、処分する時には運賃・運搬料金とリサイクル法に基づいた料金がかかります。

これらの処分をする時には、購入したお店や各地域のリサイクルセンターに依頼します。また、買い換えによって、古いものを処分したいのであれば、新しいものを購入する際にお店に依頼するといいでしょう。

何かを処分するにしても、物によって処分方法が異なり、特に電化製品は処分方法が細かく分かれています。その中でも特に注意して処分しなければいけないのがパソコンです。

パソコンの処分は、メーカーが主体

パソコンには、仕事の書類データ、音楽データ、デジカメから取り込んだ写真、住所録など様々なデータが保管されています。これらのデータの中には個人情報や会社の情報も含まれているので、パソコンを処分する時には慎重にならなくてはいけません。

先程、エアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機の処分方法でリサイクル法について少し述べましたが、パソコンやディスプレイモニターは、このリサイクル法には当てはまりません。パソコンの場合は、平成15年に定められた「資源有効利用促進法」が当てはまり、これにより、メーカーは自主回収とリサイクルが義務付けられました。

ですから、パソコンの処分はメーカーが主体になりますので、基本的には自治体での処分や回収は行われません。したがって、ゴミとして出すこともできないのです。パソコンに関係するものは全てゴミとして処分できないわけではなく、プリンター、キーボード、マウスなどの周辺機器は自治体などでゴミとして処分することも可能です。

自治体で処分出来ない物は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、一体型パソコンなどです。

ハードディスクの取り扱いは要注意

パソコンは、様々な部品から成り立っています。その中でも、ハードディスクには全てのデータが入っています。パソコンが起動しなくなったり、おかしな音がしたりするために壊れたと判断し、処分するのだとしても、ハードディスクにはデータが残っている場合もあり、特殊な方法を使えばこういったパソコンのハードディスクでもデータを読み取ることが可能だと言われています。

ですから、パソコンを処分する時にはハードディスクの取り扱いに十分注意しましょう。

パソコンの処分方法

不要になったパソコンの処分をするには、いくつかの方法があります。

まずは、不要になったパソコンを廃棄・処分してくれる業者に依頼する方法です。家の近くにそういった業者がいなかったとしても、インターネットで検索すれば、いくつもの業者が見つかりますし、会社や事業所まで直接持っていかなくても郵送すればいいところも多いです。そういった業者にパソコンを処分してもらう時には、送料のみ自己負担で、廃棄・処理費用は無料の場合が多いです。

また、やり方がわからず、自分でハードディスクのデータ消去が出来なくても、業者がやってくれる場合もありますので、業者に依頼する際には、そういったことも尋ねてみるといいでしょう。

次に、地域での処分です。基本的には自治体でパソコンの処分は行っていませんが、地域によってはパソコンも無料で回収してくれる場合があります。地域で処分する場合は、ハードディスクのデータ消去を行っていないことが多いので、自分でハードディスクのデータを消去してから依頼しましょう。

最後に、パソコンメーカーです。メーカーは、パソコンリサイクルに基づいて、不要になったパソコンを回収しています。メーカーに依頼する場合は、メーカーへの配送料、処分料などが必要になります。しかし、パソコンに"PCリサイクルマーク"がある場合には、無償で回収してもらえます、ハードディスクのデータについては自己責任になりますので、自分でデータ消去をしましょう。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなページもあります